本文へ移動

ごあいさつ

ご挨拶

ご挨拶/GREETINGS

営業部 部長 工藤達哉
 いつも道の駅むなかたをご利用頂き誠にありがとうございます。
三寒四温の言葉どおり寒い日と温かい日が続いておりますが、皆様は体調など崩されてはおりませんか?
 さて、3月になりました。もう春ですね。宗像地区もずいぶん春らしくなって参りました。神社の杜ではうぐいすが鳴いており、道路沿いや河川敷には菜の花が黄色い絨毯を敷いたように咲いています。
道の駅むなかたでも、お魚売場では、春の風物詩「わかめ」や「あかもく」などの海藻類が出品されはじめました。地島のわかめは毎年宗像大社を通じて皇室に奉納されるほど良質なことから、道の駅むなかたでも特にわかめはお客様が今か今かと待ち望んでいる一品でもあります。肉厚で今の時期のフレッシュな食感をぜひご堪能ください。また、この時期美味しい物と言えば、甲イカですが、甲イカも出品されはじめました。刺身にして良し、天ぷら・フライにして良し、煮つけにして良し、パスタにして良しの万能選手です。弾力のある食感をお楽しみください。一方、お野菜売場では、新玉ねぎや春キャベツなど春野菜が出品されております。生食が増えてくる季節、同じく旬のわかめや甲イカと一緒にサラダにしても美味しく頂けます。
便利な世の中になり、一年中シーズンレスに食材を楽しめる現代において、旬の食材を美味しく頂けるということは、日本人として古より当たりまえに行われてきたことです。そんな当たり前を味わえるのが直売所でもあります。皆様も魅力的な宗像地区の直売所へお越しになって、ぜひ春の味覚をお楽しみください。
 ところで、春の道の駅むなかたと言えば『むなかたいちご祭り』ですが、今年は3月16日㈯~4月30日㈫まで開催致します。宗像地区の直売所でのいちごの販売に加え、いちごのお菓子やスイーツなど、いちごの産地でもある宗像のいちごを堪能できる毎年恒例のイベントです。今年で11回目を迎え、参加店舗が新たに4店舗が加わりました。昨年道の駅むなかた内にオープンした『宗像観光おみやげ館』をはじめ、鐘崎にあるおしゃれなカフェ『PAYAN PAYAN』さん、子育て中のお母さん方に人気の『Linus&Co.Veggy』さん、旧唐津街道赤間宿にある宗像市東部地区の観光拠点『赤馬館』さんです。
毎年スケールアップしているこの「むなかたいちご祭り」、今年も是非ご期待ください!!
 春になり、ドライブでの風が心地よい季節となりました。少しずつ日も長くなり、夕陽が大変美しい季節です。
お隣のあんずの里市さんでは、3月17日㈰にあんずふぇすてぃばるが開催され二千五百本のあんずの花が見ごろを迎えます。
桜の花見の前にあんずの花見なんてのはいかがでしょうか。3月17日㈰のあんずふぇすてぃばるでは多くの催し物も開催されますので、道の駅むなかたとあわせてご利用頂ければ幸いです。
4月11日㈭~14日㈰には道の駅むなかた11周年、宗像観光おみやげ館1周年祭の合同創業祭が開催されます。
イベント盛りだくさん!!春の宗像へぜひお越しください。
 
道の駅むなかた 営業部 部長 工藤達哉
0
1
4
4
4
0
2
3
 
 
TOPへ戻る