本文へ移動

宗像の旬

旬のお野菜・果物

新米 時期:9月~12月

新米は9月中頃から出品されます。
早期米である「ミルキークイーン(もちもちで甘く、冷めても美味しい)」、「コシヒカリ(食感、甘み、艶のバランスに優れている)」、「ひのひかり」、「にこまる」など多様な銘柄が出品されます。各々の農家がおいしくて安全・安心な米作りを目指して、ふくおかエコ農産物認証を受けるなど、様々なこだわりの栽培方法に取り組んでいます。

枝豆 時期:7月中旬~10月上旬

枝豆とは未成熟な大豆を収穫したものです。枝付きのまま扱われる事が多かったために「枝豆」と呼ばれるようになったとか。なので、枝つきのまま出荷される物は全て「枝豆」として扱われ、そう言った豆の総称とされています。普通の大豆の枝豆だけでなく、黒豆の未熟豆の枝豆なども人気がありますね。
塩茹でした枝豆は酒のアテに最高ですね。ニューヨークなどでも「EDAMAME」として人気があるようです。
 
■美味しい枝豆の選び方
◆枝豆は枝つきで売られているものを買いましょう。
◆一枝に沢山付いているもの。まばらなものは避けましょう。
◆さやがふっくらとしていて、しっかり実が詰まっているもの。
◆枝に残っている葉が青く新鮮なもの。枝自体も茶色く枯れかかっているようなものは避けてください。
◆さやが緑色で、産毛がびっしりと付いていて、産毛が立っているもの。茶色い物はやめてください。
 
■保存方法
エダマメはとにかく新鮮なうちに茹でる事が大切。すぐに茹でられないなら、乾燥しないように新聞紙にくるむか袋に入れ、冷蔵庫に入れておきます。
 
■枝豆の冷凍保存
長く保存する場合は茹でたものを冷凍します。その場合は少し固めに茹でるのがポイント。食べる時は凍ったままもう一度沸騰している湯の中に投入し、中の豆が十分に熱くなるくらいでさっと茹でてからザルにあげ、塩を振って食べます。
冷凍保存した物はビタミンCが生を茹でたものとほとんど変わらない位残っているという実験結果が出ています。

極早生温州みかん 時期:9月下旬頃

~柑橘のシーズン到来を告げるみかん~
果皮に青みが残っているのが特徴。果肉がジューシーで酸味がやや強めですが甘みもあり、大変爽やかな味わいのみかんです。
柑橘のシーズン到来を感じさせてくれるみかんで、9月下旬頃に出品され始め、約1ヶ月程のお楽しみです。
 
ふくおかエコ農産物認証商品:有

姫神シリーズ

『姫神(ひめのかみ)』シリーズとは
JAむなかたの最上級みかんブランドとして「姫神(ひめのかみ)シリーズ」が生まれました。
畑に白いシートを敷き詰め、照り返しにより日照を増やしたり、余分な水分を与えずに厳しい環境で栽培した柑橘から厳選します。
「極早生温州みかん」から始まり、「早生温州みかん」、「西南のひかり」、「デコポン」など、各品種ごとに色つや・芳醇な香り・糖度の基準をクリアしたみかんだけが「姫神(ひめのかみ)」として販売されます。
 
名前の由来は、宗像三女神。古くから収穫された最上級品を宗像大社に祀られていました。そこから三女神の姫神の名前を頂き命名されました。
むなかたを代表するブランドみかんを是非ご賞味ください。
 
姫神【早味かん(はやみかん)】10月中旬~
  福岡県農林業総合試験場で開発・育成し誕生した福岡県オリジナル品種です。糖度が高く、程よい酸味。

いちじく 時期:6月下旬頃~11月上旬頃

~むなかたを代表する果物~
6月下旬の「キング」から始まり、「とよみつひめ」、「桝井ドーフィン」、「バナーネ」、「蓬菜柿」へと移行します。
それぞれの特徴は下記の通りです。
 
・キング [時期:6月下旬~7月中頃]
 特徴:イチジクの中でも、一番最初に収穫が始まる品種です。上品な甘さでさっぱりとしています。イチジクのシーズンの始まりを告げる品種ですが、収穫期間がわずか2週間程度と旬の期間が大変短いので、お見逃しなく!
 
・とよみつひめ[時期:7月下旬頃~10月上旬頃]
 特徴:ふくおか生まれのイチジクです。糖度が高い品種で、果肉が肉厚、そしてなめらか。甘い香りと口当たりの良い味わいが自慢です。
 ※イチジクに含まれる「フィシン(タンパク質分解酵素)」が消化を促進します。食後のあま~いデザートにおすすめです。
 
・蓬莱柿 [時期:7月下旬頃~11月上旬頃]
 特徴:370年前ほど前に中国から伝わったとの一説があるイチジクです。熟すと実が割れて裂けるイメージがありますが、その姿になるのは、実はこの品種だけです。適度な甘みとほのかな酸味で上品な味わい。
 ※実が割れているため、日持ちしませんので、なるべく早くお召上がりください。
 
・桝井ドーフィン [時期:7月下旬頃~9月下旬頃]
 特徴:国内で販売されているイチジクの8割を占めるのが、この桝井ドーフィンです。白い果肉に、中心の淡い赤色がおいしそう・・・。ほどよい甘さでさっぱりとした風味が特徴です。
 ※生食だけでなく、定番のジャムやコンポート、スイーツ作りに最適です。
 
・バナーネ [時期:8月上旬~10月上旬頃]
 特徴:甘みの中に少し酸味があり、バナナのような、ねっとりとした濃厚な味わいです。ほかのイチジクとはひと味違います。
 ※果皮が薄く、実が柔らかいのでナイフでカットしてお召し上がりください。

シロサバフグ 時期:9月~11月

~実りの秋はシロサバフグで始まります~
 
まだまだ暑さが残る9月上旬に宗像では「ふぐ籠漁」が始まります。
この漁のお目当てである『シロサバフグ』は初夏に産卵を終え秋から冬にかけ身に旨味をギューッと蓄えます。
真白な”プリップリ”の身は食べやすく子供から大人まで大人気です。
お刺身や炙りがおすすめですが、地元漁師の家庭ではお鍋やお味噌汁・唐揚げの料理で親しまれています。
お刺身や炙りにすれば、透明感のある真白の身はフグ独特の甘味と程よい弾力のある食感が楽しめます。
お鍋やお味噌汁にすれば、”ほろっ”とほぐれるゼラチン質で淡白な身やフグのエキスが溶け込んだ上品な旨みのスープが笑顔になること間違いありません。

アナゴ(アナゴの開き) 時期:5月下旬~8月上旬

~夏の味覚「あなご」の入荷が始まりました~
 
5月過ぎより始まるアナゴ漁!!
アナゴの好漁場である対馬沖へと出漁します。近年盛んとなったアナゴ漁、実は「ヌタウナギ筒漁業」のことなのです。
本命は「ヌタウナギ」韓国では大人気の食材と言われております。この漁ではヌタウナギと同じくアナゴも多く水揚げされます。
7月になりアナゴ漁最盛期です。近年のウナギ資源の減少とあっさり嗜好からウナギの代替品として、天然の旨味があるアナゴが人気となっております。
このアナゴを宗像の名物にしようと7月より9月過ぎまで「宗像あなごちゃん祭り」(宗像市水産物推進協議会主催)が開催されます。
この時季の道の駅むなかた店頭には、アナゴの開きが数多く並び賑わいを見せます。アナゴの開きの入荷は水揚げや漁船の帰港のタイミングに左右されます。タイミングが合えばぜひ夏の味覚アナゴをお買い求め下さい。宗像アナゴはお刺身・天ぷら・煮付け・お味噌汁でおすすめ致します。
 
 

ヤリイカ 時期:5月上旬~10月頃

~ヤリイカは夏の訪れを告げる海からの贈り物です~
 
一年を通して行われます”ヤリイカ”漁ですが、山々が新緑で覆われる5月頃になると多くの船が出漁し港は”ヤリイカ”の水揚げで活気づきます。
この時期日暮れ過ぎ頃むなかたの高台に上り海を臨むと、一面に漁火が輝き夏の訪れを感じられます。
夏の暑さを感じるころ”ヤリイカ”は豊漁を迎え、暑さが和らぎ始める秋の彼岸過ぎには”ヤリイカ(ブトイカ)”が最盛期の水揚げとなり秋の訪れを告げます。
このように”ヤリイカ”は、むなかたの四季を告げる海からの贈り物なのです。
九州北部ではイカと言えば”ヤリイカ”と言われるくらい大人気の食材なのです。
秋の”ヤリイカ(ブトイカ)”は身が厚く濃厚な甘みを持ちイカの女王と言われております。
お刺身はもちろんサッと茹で和え物に唐揚げや煮付けのも大人気なのです。
11月を過ぎ初霜が降りる頃にはむなかたの”ヤリイカ”漁は終わりを迎えます。

天然真鯛 時期:5月上旬~12月末

~春の味覚 鐘崎天然真鯛が最盛期を向えております!!
宗像の真鯛は海からの贈り物!! 
 宗像鐘崎の「ごち網漁」は5月に解禁され、道の駅むなかた店頭には鐘崎の漁師自慢の天然真鯛が豊富に並びます。鐘崎「一双ごち網」の真鯛は沿岸域のものが主流となります。ここで獲れる真鯛は一年を通じて良質なものが多く、ごち網解禁から初夏を迎える6月頃は「麦わら鯛」と呼ばれ鯛の身がやせる時期なのですが、色つや鮮やかな丸々とした真鯛が水揚げされ、一年を通じて道の駅むなかたのおすすめの魚であります。天然真鯛はお刺身はもちろん鯛茶漬け・塩焼き・吸い物、煮付けといった和食はもちろん、カルパッチョなど洋食にもあう美味しい魚です。
 
0
1
6
1
7
7
5
7
 
 
TOPへ戻る