本文へ移動

宗像の旬

旬のお野菜・果物

ブロッコリー 時期:11月~6月

むなかた地域の中でも、とくに福津市の海岸線に近い地域は、霜が降りにくい温暖な地域。
この好条件のもとで栽培される「ブロッコリー」は優れた品質が評価され、「特定野菜」に産地指定されています。
 
■選び方
全体的に緑色が濃く、花蕾がかたく引き締まって、こんもりと中央部が盛り上がっているものを選びましょう。さらに、茎がしっかりとしているものは劣化を抑えられ、切り口がみずみずしく、色が黒ずんでいないもの、茎に空洞などがないものが新鮮です。大ぶりなものほど熟度が高く、柔らかく甘みも強くなります。
 
■食べ方
茹でて食べるのが一般的ですが、水溶性のビタミンを逃さず食べるためには、蒸したり、生で衣をつけててんぷらにするのもおすすめです。また、花蕾を中心に食べる野菜ですが、茎や葉にも栄養価があり、食物繊維も含まれているので、薄切りにするなどして上手に使いましょう。
 
■保存方法
日持ちがせず、黄色く変色しやすいので、なるべく早く使い切りましょう。保存する場合は、乾燥を防ぐためにビニール袋に入れて野菜室に立てて保存し、4~5日で使い切りましょう。茹でた後も冷蔵庫で2~3日保存できます。
 ●冷凍保存の場合
使いきれない場合は、冷凍保存も可能です。小房に分けて固めにゆでてから冷凍庫へ入れます。ポトフなどの煮込み料理はもちろん、料理にちょっと彩りを添えたい時などにも重宝します。
 
■栄養と効能
ビタミンやミネラルを多く含み、特にビタミンCは、ブロッコリー30gで成人一日分のビタミンC必要量を満たすと言われるほど豊富。また、カルシウムの吸収を助けるビタミンKも豊富で、貧血防止や冷え性改善にも効果があります。ビタミンE・カロチンなども含まれており、ビタミンCと一緒になって細胞の老化防止や風邪予防、美容に役立ちます。

早生温州みかん 時期:10月下旬頃~12月頃

~「おみかん」と言えば、早生温州みかん~
甘さがあり酸味が少ないことから、子供から大人まで幅広い年代に人気のみかんで、皆様が一番親しみのある「おみかん」だと思います。
年内はこの早生温州みかんが果物コーナーに沢山並びます。
ちなみに、早生温州みかんには色々な品種があります。代表的なものは、宮川早生、興津早生(おきつわせ)があり、その品質の良さから、いろんな柑橘の掛け合わせの親に選ばれています。もちろん道の駅むなかたで取り扱っていますので、是非お試しください。

西南のひかり(せいなんのひかり) 時期:12月中旬頃~2月中旬頃

オレンジのような香りで、ポンカンにも似た食味。
剥きやすいだけでなく、果汁が多く高糖度の柑橘。
1玉に5個程度の種が入ります。
「アンコール×興津早生」を種親に、「陽香(清見×中野3号ポンカン)」を花粉親として交配させ育成された品種です。

スイートスプリング 時期:12月中旬頃~3月下旬頃

果皮が黄緑色なのに果肉はオレンジ色で甘く、酸味は少なめで果汁が多く、さわやかな香りが楽しめます。
見た目の青さとその甘さのギャップに皆さん驚かれ、年々リピーターが増えている当館人気の柑橘。シーズン前半のまだ果皮が青い頃が甘みと酸味のバランスが良くおすすめです。
果皮が厚いので、ナイフなどで切り込みを入れると剥きやすくなります。スマイルカットにすると食べやすくなりおすすめです。
「温州みかん×八朔」の交雑種です。

早香(はやか) 時期:12月中旬頃~2月下旬頃

「早」熟でポンカンに似た「香」りがあることから名付けられ、多汁で甘みを強く感じる食味の良い柑橘。
ポンカンより早い時期に出荷が始まるので、「ポンカンが好き」という方におすすめです。
「今村早生×中野3号ポンカン」の交雑種。

シマフグ 時期:12月~2月

~冬の味覚フグの季節の到来です。この時期はシマフグがおすすめです!!~
 
12月になると日を追うごとに寒さを増し、宗像では『寒がする』と言い北風が吹き本格的な冬の訪れを迎えます。宗像鐘崎では軒先に『のうさば』が干されいよいよ年の瀬近しと感じられます。冬の味覚の『フグ漁』が本格的に始まります。この時期おすすめのフグは『シマフグ』極寒の玄界灘で育った『黒・黄・白』の色鮮やかな風貌をしたフグが水揚げされます。本命の『トラフグ』に混じりより多く水揚げされるためお買い求め易い価格で店頭に並びます。『トラフグ』にも勝るとも劣らない身の締まり・旨味があります。お刺身や炙りがおすすめですが、地元漁師の家庭ではお鍋やお味噌汁・唐揚げの料理で親しまれております。
お刺身や炙りにすれば、透明感のある真白の身はフグ独特の甘味と程よい弾力のある食感が楽しめます。
お鍋やお味噌汁にすれば、”ほろっ”とほぐれるゼラチン質で淡白な身やフグのエキスが溶け込んだ上品な旨みのスープが笑顔になること間違いありません。

ブリ 時期:12月上旬~2月頃

~ブリは出世魚!!宗像のお正月はブリに始まります。新年を迎えるための海からの贈り物です~
 
一年を通して水揚げされる”ブリ(ヤズ)”ですが、山々のの木々が赤・黄色に染まる秋頃”新ヤズ”(1㎏前後)は丸々となり旨味を増します。この時期は大島・神湊・地島の定置網でより多くの”ヤズ”が水揚げされます。12月に入るとこれぞ”ブリ”と呼べるような大型(5㎏以上)のものも水揚げされます。ブリは季節に応じて水揚げされるサイズが変わりますこれも『出世魚』と呼ばれる所以ですね。ブリ縁起がいい魚とされ、門出やおめでたい席のお料理に好んで使われています。お刺身や茶漬けはもちろん・塩焼き・照り焼き・煮付けがおすすめです。寒さが増すと”ブリ”をはじめ大型の魚は沖へ沖へと回遊して行きます。このブリを追って”巻き網漁””ブリ釣り漁”が行われます。漁師たちは新年を迎えるため多くのブリを求め荒波の玄界灘へと出航します。今年も海の恵みに感謝して”ブリ”で新年を迎えましょう。漁の安全と好漁に期待いたします。
 
0
1
3
7
2
8
1
8
 
 
TOPへ戻る