本文へ移動

宗像の旬

旬のお野菜・果物

極早生温州みかん 時期:9月下旬頃

~柑橘のシーズン到来を告げるみかん~
果皮に青みが残っているのが特徴。果肉がジューシーで酸味がやや強めですが甘みもあり、大変爽やかな味わいのみかんです。
柑橘のシーズン到来を感じさせてくれるみかんで、9月下旬頃に出品され始め、約1ヶ月程のお楽しみです。
 
ふくおかエコ農産物認証商品:有

いちじく 時期:6月下旬頃~11月上旬頃

~むなかたを代表する果物~
6月下旬の「キング」から始まり、「とよみつひめ」、「蓬莱柿」、「桝井ドーフィン」、「バナーネ」へと移行します。
それぞれの特徴は下記の通りです。
 
・キング [時期:6月下旬~7月中頃]
 特徴:
 
・とよみつひめ[時期:7月下旬頃~10月上旬頃]
 特徴:ふくおか生まれのイチジクです。糖度が高い品種で、果肉が肉厚、そしてなめらか。甘い香りと口当たりの良い味わいが自慢です。
 ※イチジクに含まれる「フィシン(タンパク質分解酵素)」が消化を促進します。食後のあま~いデザートにおすすめです。
 
・蓬莱柿 [時期:7月下旬頃~11月上旬頃]
 特徴:370年前ほど前に中国から伝わったとの一説があるイチジクです。熟すと実が割れて裂けるイメージがありますが、その姿になるのは、実はこの品種だけです。適度な甘みとほのかな酸味で上品な味わい。
 ※実が割れているため、日持ちしませんので、なるべく早くお召上がりください。
 
・桝井ドーフィン [時期:7月下旬頃~9月下旬頃]
 特徴:国内で販売されているイチジクの割を占めるのが、この桝井ドーフィンです。白い果肉に、中心の淡い赤色がおいしそう・・・。ほどよい甘さでさっぱりとした風味が特徴です。
 ※生食だけでなく、定番のジャムやコンポート、スイーツ作りに最適です。
 
・バナーネ [時期:8月上旬~10月上旬頃]
 特徴:甘みの中に少し酸味があり、バナナのような、ねっとりとした濃厚な味わいです。ほかのイチジクとはほかのイチジクとはひと味違います。
 ※果肉が薄く、実が柔らかいのでナイフでカットしてお召し上がりください。

シロサバフグ 時期:9月~11月

~実りの秋はシロサバフグで始まります~
 
まだまだ暑さが残る9月上旬に宗像では「ふぐ籠漁」が始まります。
この漁のお目当てである『シロサバフグ』は初夏に産卵を終え秋から冬にかけ身に旨味をギューッと蓄えます。
真白な”プリップリ”の身は食べやすく子供から大人まで大人気です。
お刺身や炙りがおすすめですが、地元漁師の家庭ではお鍋やお味噌汁・唐揚げの料理で親しまれています。
お刺身や炙りにすれば、透明感のある真白の身はフグ独特の甘味と程よい弾力のある食感が楽しめます。
お鍋やお味噌汁にすれば、”ほろっ”とほぐれるゼラチン質で淡白な身やフグのエキスが溶け込んだ上品な旨みのスープが笑顔になること間違いありません。

ヤリイカ 時期:5月上旬~10月頃

~ヤリイカ(ブトイカ)は秋の訪れを告げる海からの贈り物です~
 
一年を通して行われます”ヤリイカ”漁ですが、山々が新緑で覆われる5月頃になると多くの船が出漁し港は”ヤリイカ”の水揚げで活気づきます。
この時期日暮れ過ぎ頃むなかたの高台に上り海を臨むと、一面に漁火が輝き夏の訪れを感じられます。
夏の暑さを感じるころ”ヤリイカ”は豊漁を迎え、暑さが和らぎ始める秋の彼岸過ぎには”ヤリイカ(ブトイカ)”が最盛期の水揚げとなり秋の訪れを告げます。
このように”ヤリイカ”は、むなかたの四季を告げる海からの贈り物なのです。
九州北部ではイカと言えば”ヤリイカ”と言われるくらい大人気の食材なのです。
秋の”ヤリイカ(ブトイカ)”は身が厚く濃厚な甘みを持ちイカの女王と言われております。
お刺身はもちろんサッと茹で和え物に唐揚げや煮付けのも大人気なのです。
11月を過ぎ初霜が降りる頃にはむなかたの”ヤリイカ”漁は終わりを迎えます。
0
1
3
2
6
6
5
4
 
 
TOPへ戻る