本文へ移動

宗像の旬

旬のお野菜・果物

新玉ねぎ(早生玉ねぎ) 時期:1月下旬頃~3月中旬頃

瑞々しくて甘く美味しい「新玉ねぎ」。
出始めの頃は、葉付きで出荷されるので、葉先は炒め物や鍋に使え、鱗茎(白く膨らんだ、いわゆる玉ねぎの部分)はサラダなど生食におすすめ。この時期だけしか味わえません。
早生品種の玉ねぎは一般的な玉ねぎのように干して保存することができず、ほとんどこの「新玉ねぎ」として扱われます。
そのため非常に傷みやすいので保存に注意が必要です。必ず冷蔵庫にいれて保存し、早めに食べきるようにして下さい。

トマト 時期:11月~6月頃

「夏野菜」のイメージが強い「トマト」ですが、むなかた地域で出荷が始まるのは年内の11月。越冬型の長期どりで、収穫は6月まで行われます。寒さに耐えながらじっくり実を大きくして赤く染まった「トマト」は酸味と糖度のバランスが良く、甘みも果肉もズッシリと詰まっています。
主な生産地は海に近く温暖な福津市勝浦地区が中心で、「桃太郎はるか」「桃太郎ホープ」をすべてハウスで栽培。土壌分析を行い有機肥料中心の土づくりからこだわっています。
 
■選び方
ヘタが濃い緑色で、ピンとしているものが新鮮さの目安。トマトは、真っ赤に熟しているほど栄養価が高く美味しいと言われています。全体的に色が均一で丸く、皮にツヤとハリがあってずっしりと重いものがオススメです。

■食べ方
生のままサラダとして食べるのはもちろん、焼いたり、煮込んだり、ミキサーにかけてピューレにしたりと様々な調理法で美味しく食べることができるのもトマトの魅力です。旨味成分のグルタミン酸を含むので、スープやソースに使うと、味を引き立ててくれます。生のまま食べる時は湯むきをして皮をむくと口当たりが良くなります。
 
■保存方法
トマトがまだ青い場合は、ヘタを下にして常温で保存して追熟させます。 赤く熟したらヘタを下にして重ならないように冷蔵庫の野菜室で保存します。さらにポリ袋に入れてしっかりと口を閉じることで、熟れ過ぎを防ぎ、トマトから出るエチレンガスが他の野菜を早く熟させてしまうことも防ぐことが出来ます。
<冷凍保存する場合>
生食する場合には冷凍保存は向きませんが、パスタソースやスープを作る場合はとても重宝します。トマトを綺麗に洗って、丸ごとジップロックなどの保存容器に入れたり、一つずつラップに包んだりして冷凍庫に保存しましょう。また、トマトソースなどに加工してから冷凍しても便利です。なるべく空気を抜いた状態で保存しましょう。
栄養と効能 ビタミンA、C、H、Pといったビタミン類やカリウムを多く含んでいます。カリウムは体内の塩分を排泄するため、高血圧や動脈硬化の予防に効果があります。
赤い色に含まれるリコピンの抗酸化作用はβカロチンの2倍。免疫力を高め、細胞の酸化、老化防止の効果があります。熱にも強く、加熱すると体内への吸収力がアップします。血液の流れをよくし、脂肪の消化を助けてくれます。

ブロッコリー 時期:11月~6月

むなかた地域の中でも、とくに福津市の海岸線に近い地域は、霜が降りにくい温暖な地域。
この好条件のもとで栽培される「ブロッコリー」は優れた品質が評価され、「特定野菜」に産地指定されています。
 
■選び方
全体的に緑色が濃く、花蕾がかたく引き締まって、こんもりと中央部が盛り上がっているものを選びましょう。さらに、茎がしっかりとしているものは劣化を抑えられ、切り口がみずみずしく、色が黒ずんでいないもの、茎に空洞などがないものが新鮮です。大ぶりなものほど熟度が高く、柔らかく甘みも強くなります。
 
■食べ方
茹でて食べるのが一般的ですが、水溶性のビタミンを逃さず食べるためには、蒸したり、生で衣をつけててんぷらにするのもおすすめです。また、花蕾を中心に食べる野菜ですが、茎や葉にも栄養価があり、食物繊維も含まれているので、薄切りにするなどして上手に使いましょう。
 
■保存方法
日持ちがせず、黄色く変色しやすいので、なるべく早く使い切りましょう。保存する場合は、乾燥を防ぐためにビニール袋に入れて野菜室に立てて保存し、4~5日で使い切りましょう。茹でた後も冷蔵庫で2~3日保存できます。
 ●冷凍保存の場合
使いきれない場合は、冷凍保存も可能です。小房に分けて固めにゆでてから冷凍庫へ入れます。ポトフなどの煮込み料理はもちろん、料理にちょっと彩りを添えたい時などにも重宝します。
 
■栄養と効能
ビタミンやミネラルを多く含み、特にビタミンCは、ブロッコリー30gで成人一日分のビタミンC必要量を満たすと言われるほど豊富。また、カルシウムの吸収を助けるビタミンKも豊富で、貧血防止や冷え性改善にも効果があります。ビタミンE・カロチンなども含まれており、ビタミンCと一緒になって細胞の老化防止や風邪予防、美容に役立ちます。

いちご 時期:12月中旬~5月上旬

~宗像はいちごのふるさと~
宗像は昭和30年頃より、いちごの栽培を福岡県下でもいち早く取り組み、海岸線に近い無霜地帯の宗像市江口の砂地で栽培出荷を始めました。
昭和52年頃にはみかん農家の方が次々と栽培を始め、時代とともに栽培方法は露地栽培からハウス栽培へ、栽培する品種もさちのかやあまおうなど色々な品種を栽培するようになりました。
そんないちごのふるさと「宗像」のいちごを是非ご賞味下さい。
 
当館のいちごは、農家の方が食べ頃の一番美味しい状態で収穫し直接店頭に並べています。
その出荷されるいちごの品種を一部ご紹介いたします。
 
●あまおう
「あ」かくて、「ま」るくて、「お」おきくて、「う」まい、福岡生まれの品種。
甘さと酸味のバランスが良く、これぞいちごだ!と県外でもその美味しさが評価され、お土産としても大変喜ばれています。
 
●さちのか
果皮の赤色が他と比べて濃く、熟すとより濃い赤色になります。
酸味が穏やかで甘さとのバランスが良く、濃厚ないちごの風味が楽しめます。
ケーキなどに使ってもクリームなどの他の食材の風味に負けず、その色合いから、スムージーやジャムにすると綺麗な濃い赤色のものが作れます。
 
●紅ほっぺ
大粒で果実は中まで赤く、しっかりとした食感があります。甘みと酸味のバランスも良くコクがあってとても美味しいイチゴです。
「紅ほっぺ」という名前には、ほっぺが落ちるくらいコクがあり美味しく、また、親しみを持ってもらえるようにという願いがこめられているそうです。
 
その他5種類以上の品種が出荷されます。
それぞれに美味しさの特徴があります。お好みの品種探しのお手伝いをいたしますので、お気軽にスタッフにお声がけください。
 

甘夏 時期:3月下旬~6月

大島の甘夏
 甘夏(別名甘夏みかん)にはいくつかの種類があるようですが、そのほとんどはカワノナツダイダイ(川野夏橙)だと言われています。
カワノナツダイダイとは、古くからある夏ミカンの中から発生した変異種で、甘味系夏ミカンと呼ばれるものです。普通の夏ミカンよりも早く色付き、酸が早く抜けるのが特徴のためこう呼ばれるようになったようです。果実は300g~500g程で、皮は厚く剥きにくく、ジョウノウ膜も厚みがあり、剥かなければなりません。しかし、その中の果肉部分、サジョウはしっかりとしていて果汁をたっぷりと含み粒の一つ一つがプチプチとした食感があります。
味は酸味が強めですが、それと共に甘みがあり、全体にさっぱりとした清清しい味が楽しめます。甘夏の独特の苦みは、爽やかな初夏の果物として根強い人気があり、宗像でも初夏の風物詩となっています。また、ビタミンC・クエン酸やビタミンB1もたっぷり摂れます。分厚い黄色の果皮の部分には、オーラプテンも多く含まれ、皮ごとマーマレードやジャムにしても美味しいくいただけます。
 宗像地区の主な産地は大島のものが有名ですが、陸側の旧玄海地区でも作られています。いずれも海が近く、塩かぜと太陽の光をたっぷりと浴びて宗像の甘夏は美味しくなります。

シマフグ 時期:12月~2月

~冬の味覚フグの季節の到来です。この時期はシマフグがおすすめです!!~
 
12月になると日を追うごとに寒さを増し、宗像では『寒がする』と言い北風が吹き本格的な冬の訪れを迎えます。宗像鐘崎では軒先に『のうさば』が干されいよいよ年の瀬近しと感じられます。冬の味覚の『フグ漁』が本格的に始まります。この時期おすすめのフグは『シマフグ』極寒の玄界灘で育った『黒・黄・白』の色鮮やかな風貌をしたフグが水揚げされます。本命の『トラフグ』に混じりより多く水揚げされるためお買い求め易い価格で店頭に並びます。『トラフグ』にも勝るとも劣らない身の締まり・旨味があります。お刺身や炙りがおすすめですが、地元漁師の家庭ではお鍋やお味噌汁・唐揚げの料理で親しまれております。
お刺身や炙りにすれば、透明感のある真白の身はフグ独特の甘味と程よい弾力のある食感が楽しめます。
お鍋やお味噌汁にすれば、”ほろっ”とほぐれるゼラチン質で淡白な身やフグのエキスが溶け込んだ上品な旨みのスープが笑顔になること間違いありません。

カレイ 時期:1月下旬~3月頃

~宗像のカレイおすすめ致します~
~1月も下旬になるとこの時季美味しくなってまいりますカレイの水揚げが増えてまいります。大島近海の好漁場に始まり沖ノ島近海までカレイが水揚げされます。季節は漁場により「ムシガレイ」・「メイタガレイ」・「ソウハチ」が増えてまいります。この時季のカレイは真子・白子が入り始め煮付け・塩焼き・唐揚げ・丸干しにと大人気となっております。ぜひこの機会をご利用下さい。
 
 
 

甲イカ 時期:2月中旬~3月頃

~甲イカは春を知らせる海からの贈り物です!!~
 立春を過ぎた頃まだまだ寒さが残る中、甲イカは産卵の為浅瀬によってきます。時季を同じくして「イカ籠漁」が始まります。丸々とした甲イカが店頭に並び売場でも春を感じられます。甲イカが最盛期となる3月頃、お野菜売り場では山菜の入荷も始まり「タケノコ」「木の芽」「タラの芽」の入荷が、お魚売り場では「生ワカメ」「湯通しアカモク」「煮干しひじき」など海藻の入荷も増えて参ります。
 この時季に旬を迎える甲イカは「刺身」はもちろんのこと「お煮付け」・「天ぷら」・「唐揚げ」・「湯引きで和え物」におすすめの柔らかいイカで御座います。「墨イカ」と言われるくらい墨が広がることがあります。下処理はぜひ加工室にお申し付け下さい。今夜の食卓は甲イカに決まりですね。
 
 
 
0
2
2
3
4
2
1
2
 
 
TOPへ戻る